近代映画タイトルの父 本日のGoogleロゴはソウル・バス生誕93周年アニメーション

近代映画タイトルの父 本日のGoogleロゴはソウル・バス生誕93周年アニメーション

0

近代映画タイトルの父 本日のGoogleロゴはソウル・バス生誕93周年アニメーション

ITライフハック2013年05月08日09時00分

記事提供元

ITライフハック

近代映画タイトルの父 本日のGoogleロゴはソウル・バス生誕93周年アニメーション

本日は実存主義の思想家・哲学者であるセーレン・キルケゴールの生誕200周年」でGoogleのホリデーロゴを紹介した。本日、5月8日はソウル・バスの生誕93周年を祝うアニメーションになっている。
ソウル・バス(ソール・バス)はアメリカのグラフィック・デザイナーで、近代映画のタイトルデザインの第一人者として広く知られる。映画界にタイトルデザインの分野を確立した人物で、オットー・プレミンジャー、アルフレッド・ヒッチコックといった巨匠の作品のタイトルを多く手掛けた。
映画のタイトルにコンピュータ映像を取り入れた最初の人物ともされている。映画のタイトル以外ではコーポレートアイデンティティや企業マークのデザインなども多く制作している。
ロゴの再生ボタンを押すと、まるで映画のタイトルを見ているように色々なGoogleロゴへと変化していくアニメーションが再生される。
0