吉田麻也が今季初ゴール 否定的だったサポーターも賞賛

吉田麻也が今季初ゴール 否定的だったサポーターも賞賛

0

記事提供元 sports_watch

2014年12月24日20時39分

sports_watch

今回の活躍で吉田選手への厳しい評価が軟化か?

スポンサード リンク


12月20日に開催されたイングランド・プレミアリーグ第17節エヴァートン戦で、サウサンプトンの吉田麻也選手が自身のホーム初ゴールとなる3点目を叩きこんだ。かねてから吉田選手を支持しないサポーター、いわゆる「アンチ」が存在していたが、今回の活躍で吉田選手への厳しい評価が軟化しつつある。

公式戦6試合ぶりとなる快勝に花を添える形となった吉田選手のゴールに対し、メディアも「吉田はセインツ(サウサンプトンの愛称)のファンからかなりの数の批判を浴びてきたが、月曜の試合の後に改心したようだ」「日本代表選手の頼もしいプレー。(相手FWのロメル・)ルカクの脅威にしっかりと対処」と伝え、彼を支持するサポーターからも「今日の吉田は凄い」「過小評価されすぎだ」「素晴らしいパフォーマンス」といった意見が多数寄せられている。

それでも皮肉っぽいサポーターは今回のゴールに関して「クリスマスプレゼント」と揶揄しているが、前回のマンチェスター・ユナイテッド戦を境にアンチ勢力よりも吉田選手の光るプレーを支持する層が増えており、メディアでも「うるさいセインツサポーターを吉田は黙らせた」と調子を上げている吉田選手を称える論調が増えている。

また<GOAL.COM>は「チームに常に置いておきたい選手」とクーマン監督がこれまで粘り強く起用してきたことを支持するコメントを残している。

サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0