プラザ365スポーツ

CLでは絶好調のドルトムント、香川真司にも高い評価「香川のロングボールは素晴らしい」

0

記事提供元sports_watch

2014年11月5日18時50分

sports_watch

リーグ戦の苦戦とは正反対に4連勝

スポンサード リンク



11月4日に開催されたUEFAチャンピオンズリーグ、対ガラタサライ戦に4-1と快勝したホームのボルシア・ドルトムントは、リーグ戦の苦戦とは正反対に4連勝でグループステージ突破を決めた。香川真司選手も存在感あるプレーを見せ、海外ファンからも賞賛が寄せられている。

ネット上では「CLモードのドルトムントは違う」と試合前から良い雰囲気のサポーターたちは、「香川のロングボールは素晴らしいね」などと反応。しかし、前回の試合でも試した左足でのコーナーキックには「左足で蹴る香川にすごい違和感がある」とコメントしている。

試合がドルトムント優勢で進んだだけにファンも終始穏やかで、ガラタサライのサポーターが爆竹を投げ込むと「こんなところまで爆発するものをもってくるなよ」「90分間行儀良く試合を見ていられないのか」と、勝者の余裕を見せた。

先日、クロップ監督が香川選手の胸ぐらを掴む衝撃写真がリークされチーム不和が噂されたドルトムントだが、62分で交代したときに監督が笑顔で出迎えたことで「香川が交代したときの愛情あふれるハグ」と書き込むなど、ファンも一連の騒動のわだかまりがないことに安心したようだ。

サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0