スポーツニュース

元プロ野球選手が筋肉増強剤の使用を告白。恐ろしい副作用も

0

元プロ野球選手が筋肉増強剤の使用を告白。恐ろしい副作用も

sports_watch2013年05月31日11時00分

記事提供元

sports_watch

30日深夜放送、テレビ東京「解禁!暴露ナイト」では、「死にかけた筋肉増強剤の魔力と恐るべき副作用!」と題し、現役時代はロッテ、中日に在籍した元プロ野球選手・愛甲猛氏が、筋肉増強剤の使用をカミングアウト。その恐ろしい副作用とともに詳細を語った。
冒頭、「(副作用で)死にかけましたもん」と切り出した愛甲氏は、筋肉増強剤を使った経緯を、「丁度ロッテで15年やって中日に移ったときに、残りやっても、あと何年か。この何年間かで違うことをやってみたいと思って、当時日本の野球界ではドーピングなんていう概念がないので。(メジャーリーグで)マグワイアがそれをカミングアウトして、東スポか何かに載ったんですよね。それを見て、俺もやってみようかなって」と説明する。
さらに、愛甲氏は「病院の先生にちゃんとスケジュールを組んで、ステロイドの注射をやってくれないですかって相談したら、それはダメだって言われて。トレーナーに相談したら、ロスの病院に知り合いの医者がいるから聞いてみるよって言われて、送ってきてくれたんですよ。向こうで買って。60粒くらい入ってて日本円で8000円か12000円かそのぐらい」と明かすと、「最大値(胸囲は)125cmあった。現役最後は95キロまでいって、体脂肪が11%とか。中毒になるんですよ。やってみたらやっぱり若いヤツと比べても、体力的には全然負けない。パワーは尋常じゃなかった。物を持っても物が軽くなる」などと振り返った。
だが、愛甲氏は、あるとき長時間のドライブをした後、両足が異常にむくんでしまったという。このときの状況について、「これ、さすがにやばいなと思って病院行ったら、すぐ入院って言われて。入院してもむくみが取れないんですよ。足って、重力に逆らって筋肉の収縮(がポンプの役目を果たし)で血が上に上がる。それが(肥大した筋肉により)できなくなって、(血が)下がりっぱなし」と話し、「いまだに不整脈です」などと後遺症があることも明かした。
0