11月22日(いい夫婦の日)への第一歩! 彼ウケがいい料理ランキング

11月22日(いい夫婦の日)への第一歩! 彼ウケがいい料理ランキング

0

記事提供元 独女通信

2014年11月22日12時0分

独女通信

「料理に関する実態調査」結果

スポンサード リンク

写真拡大


日本最大級の結婚式場口コミ情報サイト ウエディングパークが運営する「ガールズスタイルLABO(GSL)」が実施した「料理に関する実態調査」によると、「今まで作った料理でパートナーから最も好評だった料理」は、1位が「ハンバーグ(34票)」、続いて「唐揚げ(26票)」、3位は「カレー(14票)」であることがわかりました。(20代~30代の女性408人を対象に実施)

■いい夫婦になるために? 女性の2人に1人が「彼・旦那のため料理上達の努力をしている」

また、「パートナーのために、料理の腕を上達させる努力はしましたか(単一選択)」という問いには「努力している(60.3%)」、「努力していない(39.7%)」と回答。2人に1人以上の女性が料理に関して努力をしているようです。

■彼の“胃袋を掴んだ”エピソード

「付き合っている時に、カレーを作り、これを入れたほうが美味しいなどお互いワイワイ楽しみながら作れて、好みなどが知れて楽しかった」(30代後半)

「チキンステーキ、唐揚げ、牛肉が高いので鳥肉料理のレパートリーが豊富な私は、あれこれ工夫して、夫に食事を楽しんでもらっています」(30代後半)

「あじのなめろう。居酒屋で食べるものだと思っていたといわれ、えらく感動してくれた」(20代後半)

「ぶり大根。それまで外食が多かったためか、魚を家でゆっくり食べられたことがとても嬉しかったようです」(20代後半)

■約4割が料理でケンカに!

一方で、「料理が原因でパートナーとケンカをしたことがありますか(単一選択)」という質問には、約4割が「はい」と回答。ケンカの原因として、生活習慣の違いがあげられました。

「味付けに関することで喧嘩したことがあります。味が薄い・濃いということで言い合いになりました。自分ではちょうどいいと思っても、今までの慣れた味があるので仕方がなかったです」(20代後半)

「作った料理を食べる前に調味料をたっぷり使われ、私の作った料理の味を消してしまったこと」(30代後半)

「味噌汁の味が薄いとケンカになりました。彼は赤味噌、私は白味噌派だったので、合わせ味噌にしてなんとか解決しました」(20代後半)

彼の胃袋を上手に掴むには、努力に加えて好みをよく知ることも大事なようですね。

<関連リンク>
プロよりも素人の料理レシピを参考にしてしまう理由って?
ガールズスタイルLABO(GSL)「料理」に関する実態調査

サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0