東京ディズニーランド・シーを混雑していても楽しむ裏ワザ

混んでいる日でも楽しめる! 東京ディズニー裏ワザ8

0

記事提供元 独女通信

2014年12月2日12時0分

独女通信

ディズニーランドの裏ワザ

スポンサード リンク

写真拡大


カップルたちの憧れでもあるクリスマスの「ディズニーデート」。だがクリスマスは、夢の国だって掻きいれどきである。『スプラッシュ・マウンテン』は3時間待ち、下手すりゃ『イッツ・ア・スモール・ワールド』ですら30分待ち。しかたなしに、待ち時間の少ない『いかだ』に乗って、家族連れに囲まれながら「トムソーヤ島」に渡っていくカップルたちを目にすることもしばしばだ。

その混雑ぶりから、「ディズニーに行くと別れる」という噂もささやかれているが、だったら「行かなければいい」というのは野暮。知恵と情報を駆使して、混んでいるディズニーを満喫すれば、カップルの絆も強まるかもしれない。そこで、ディズニーに詳しい独女およびTDR近隣住人から、パークを満喫するコツを集めてみた。ぜひ参考に!

【1】混雑を避けるのなら“ランド”より“シー”

「世界の娯楽施設入場者数レポート」(2012年)によると、東京ディズニーランドとシーの入場者数はそれぞれ1484.7万人(世界3位)、1265.6万人(世界4位)。さらに現在、東京ディズニーシーの海のエリア(メディテレーニアン・ハーバー)は大規模改修中で、ショーの鑑賞エリアがかなり狭まっている。クリスマスのショーを楽しみたいゲストは東京ディズニーランドを選ぶと考えられ、混雑を避けるのなら、シーの方がねらい目。

【2】開園と同時にファストパスを取得する

東京ディズニーリゾートを満喫するポイントは「できるだけ並ばない」に限る。そのためには開園と同時に目的のアトラクションのファストパス(※)を取得することが重要に。その後、まだ行列の少ないうちにお目当てのアトラクションに並んで乗ろう。朝いちばんであれば比較的、どのアトラクションも待ち時間は少なく、コースター系でも30~40分程度で乗ることができる。

(1)開園と同時にお目当てのファストパスを取得→(2)30~40分程度並んで人気アトラクションに乗る→(3)(1)で取得したファストパスのアトラクションに乗る→(4)新たなファストパスを取得 の流れができると理想的。

【3】朝を制する者は1日を制す…開園30分前には並ぼう

【2】を実現するためには、開園1時間~30分前には現地に到着していたい。12月の週末は両パークとも午前8時にオープンするので、逆算すれば舞浜駅着は7時前後。「何もそこまで…」と考えるかもしれないが、早起きはみんな苦手。感覚的に、混雑が激しくなるのは10時ごろだ。午前の早い時間にアトラクションを楽しんで、混雑ピーク時は買い物や食事、ショーの場所取りなどに時間を費やすとスムーズに回れる。

【4】ランチは10時台! 他人と違う動きをする

ディズニーに限らず、混雑する場所では他人と半歩ずれた動きをするのが正解。食事はランチなら10時台、ディナーは17時台にとると比較的並ばずに済む。いくつかのレストランでは、事前予約サービス(プライオリティ・シーティング)もあるので利用しても。同じ理屈で、おみやげは日中に購入しておくとスムーズ!

【5】東京湾に隣接するTDR。防寒対策を忘れずに

忘れがちだが、東京ディズニーリゾートは東京湾のすぐそばに位置していて海風も吹き込んでくる。休憩がてら、ショーの場所取りをする場合など無防備ではかなり寒い。デートというよりもアウトドアの意気込みで、レジャーシートはもちろんのことフリースのひざ掛けなど防寒対策もしっかりと。

【6】平日でも、月曜日は意外と混雑。1週間前の天気もチェック

一般的に平日は空いているけれど、月曜日は振替休日などの影響で土日レベルの混雑となる場合が多い。有給を使ってディズニーデートを考えるのなら、「火・水・木」に出かけるのがおすすめ。なおディズニーは悪天候ほど空くが、反面、悪天候の翌週の週末は反動で混雑する場合がある。一週間前の天気をチェックしておくと、その日の混雑具合をあらかじめ推測できるように。

【7】12月よりオフピークの1月に出かける手も

ハロウィーン、クリスマスとイベント続きだったディズニーの混雑がいったん落ち着くのが、1月。とくに正月明けの平日は人気アトラクションのファストパスも遅くまで残っていることが多い。「クリスマス」にこだわらないのなら、1カ月ずらして出かけるのも賢い方法である。

【8】意外と使える「東京ベイシティバス」

舞浜駅から両パークまで「ディズニーリゾートライン」が走っているが、片道運行のため、舞浜駅から「東京ディズニーシー」まで行くのに8~9分かかる。他方、舞浜駅を降りてすぐのバスターミナルから「東京ベイシティバス」に乗れば、「東京ディズニーシー」そばのバス停「運動公園」までわずか3分で到着。一部「東京ディズニーシー」行きの路線もあり、時間があえば移動がかなりスムーズに。

このほか、東京ディズニーリゾートでは、アトラクションの待ち時間をスマホで確認できたり、1人乗車であればファストパス並みの待ち時間で済む「シングルライダー」といったシステムもある。キャラクターに会える場所も公式サイトで公開中だから事前にチェックしておこう! って、張り切りすぎて彼を疲れさせたらごめんなさい。(来布十和)

※ファストパス……アトラクションの入り口付近にあるファストパス発券機で「ファストパスチケット」を取得すると、指定時間内であれば少ない待ち時間でアトラクションに乗ることができるシステム。ファストパスをいったん取得すると、一定時間内は新たなファストパスを取得することができない。

<関連リンク>
並の女こそ陥りやすい「恋愛クレーマー」の罠

サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0