恋愛あるある満載、超後味悪いのにめっちゃ笑える!『ゴーン・ガール』の独女的見所

恋愛あるある満載、超後味悪いのにめっちゃ笑える!『ゴーン・ガール』の独女的見所

0

記事提供元 独女通信

2014年11月13日12時0分

独女通信

『ゴーン・ガール』が12月12日(金)より公開

スポンサード リンク

写真拡大


『ドラゴン・タトゥーの女』『ソーシャルネットワーク』など、独創的な映像表現と力強いストーリーテリングで世界中の映画ファンを熱狂させている天才デヴィッド・フィンチャー。

米国で600万部以上を売り上げ大ヒットした小説を原作とし、幸福の絶頂にいるはずの夫婦をめぐるスリラーを描いたフィンチャー監督の最新作『ゴーン・ガール』が12月12日(金)より公開となる。

筆者は一足お先に試写会で観てきたのだが、これぞ最近のフィンチャー作品には無かった後味の悪さ! これこれ、こういうのが観たかったんだと大興奮。しかも、『セブン』『ファイトクラブ』のあの観終わった後のイヤ~な感じだけでは無く(2つとも大傑作だが)、思い切り笑えるというのが本作の特徴。特にコレ、独女が観るとゾっとしたり笑えたりハラハラしたりと、存分に楽しめる事うけあい。今回はそんな『ゴーン・ガール』の独女的オススメポイントをご紹介したい。


■出会った頃は素敵だったのに……恋愛の理想とギャップ

本作は、誰もが羨むような幸せな結婚生活を送っていた夫婦の妻エイミーが、結婚5周年記念日に突然消えてしまう事からはじまる物語。ハンサムなニックは「気の毒な夫」として全米中の同情をかうが、次第に実はニックこそがエイミー殺害の犯人なのではないかと疑われていく。

こうあらすじを書くとストレートで直球なミステリー作品に思えるが、この映画を観た時筆者は「これは恋愛ブラックコメディだ」と思った。しかもかなり濃いめの。

本作は、それはもうラブラブな「妻と夫の出会い」、NYでの都会的な暮らしから一転するミズーリ州での「退屈な夫婦生活」、そして妻が失踪後の「疑いとスキャンダル」という主な3つのパートが、ミックスされて描かれていく。つまり、妻は死んだのかと心配する夫のシーンの直後に2人がデートを楽しむシーンが出て来たり、夫の浮気が発覚し妻殺害の嫌疑がかけられるシーンの後に、幸せな新婚生活の回想が出て来たりと、非常に悪趣味なのだ。

結婚経験の無い独女だって、男性と交際した事のある人なら「昔は良かったのに変わっちゃったな……」と彼に幻滅した経験はあるだろう。バツイチ独女ならなおのこと。この映画はそんな理想と現実のギャップが、超濃縮されて表現されているのだ。

■「いい女」なんて全ては作り物?

女なら思わず納得してしまう、エイミーのセリフがある。それは「男達の言う“いい女”なんて本当はいなくて、女は皆男達の好みに合わせて作っているだけ」といった言葉なのだが、その後の例えが実にリアル。

「男達と一緒になってホットドッグやハンバーガーを山盛り食べて笑うのに、サイズ2(日本のサイズで32)をキープする女なんて努力無しではあり得ない、でも男達はそれに気付かない」とエイミーは嘆く。

これを聞いて筆者は、「夜中、Facebookにラーメン写真や焼肉写真をアップするのに体型をキープしている女子」と、それを見て「彼女は男の趣味にも合う素敵な女性だ!」と騒いでいる男子を思い出し、男性って日本もアメリカも変わらないんだなあと苦笑いしてしまった。先の、恋愛の理想と現実もそうだが、この作品、フィクションといっても実にリアルで共感してしまうポイント満載なのである。

■「観賞後に映画談義したくなる作品」2014ナンバーワン

とはいえ、筆者はエイミー万歳! ニック最低! と思っているわけでは無い。ネタバレになるので書けないが、この映画は観客が思ってもみなかった方向にストーリーが展開する。ある登場人物が、あり得ないほどヒドいヤツなのだが、ギリ現実にも起こりそうで恐いというか、とにかく後味はスッキリはしないのに笑えるという特異な作品になっているのだ。

筆者は観賞後すぐに原作本を購入し、イッキ読みするほど『ゴーン・ガール』を気に入っているのだが、これは独女・既女、独男、既男それぞれで感想が異なる作品でもあるとも思う。全国公開は12月12日(金)。はやくこの映画を観た人とお酒を飲みながら、あーだこーだと話し合いたい。(石黒マミ)

『ゴーン・ガール』ストーリー
結婚5周年の記念日。誰もが羨むような幸せな結婚生活を送っていたニックとエイミーの夫婦の日常が破綻する。エイミーが突然姿を消したのだ。リビングには争った後があり、キッチンからは大量のエイミーの血痕が発見された。警察は他殺と失踪の両方の可能性を探るが、次第にアリバイが不自然な夫ニックへ疑いの目を向けていく。新妻失踪事件によってミズーリ州の田舎町に全米の注目が集まり、暴走するメディアによってカップルの隠された素性が暴かれ、やがて、事件は思いもよらない展開を見せていく。完璧な妻エイミーにいったい何が起きたのか……。
(c)2014 Twentieth Century Fox

<関連リンク>
映画『ゴーン・ガール』オフィシャルサイト
ドラマ「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」を見なくちゃいけない理由

<独女通信 アンケート実施中!>
2014年の最高にハッピーだった出来事、最悪だった出来事は?(11/16まで)

サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0