ただの年末の平日? クリスマスに見向きもしないアラサーカップル

ただの年末の平日? クリスマスに見向きもしないアラサーカップル

0

記事提供元 独女通信

2014年12月24日12時0分

独女通信

アラサ―カップルのクリスマス

スポンサード リンク

写真拡大


12月の定番イベント、クリスマス。盛り上がりは毎年変わらず、イルミネーションやクリスマス限定商品で溢れかえっている。キラキラと輝く街は恋人たちで溢れ、ロマンティックな夜を過ごす。

10代や20代前半だと、そんな恋人同士で過ごす甘いひとときの魔法にかかり、寒さなんて気にもならずイベントやテーマパークに出かけ、ペアのアクセサリーなんかを用意して、まさに特別な1日を楽しむものだ。

しかし、甘いひとときだけでは身にしみる寒さをごまかせなくなったアラサーカップルたちは、どう過ごしているのだろうか? ふと気になったので周りの彼氏持ちアラサー女子にリサーチしてみると、みな口を揃えて“ノープラン”だと言う。

「特になにも予定はない(交際期間半年)」
「イブもクリスマスも仕事だけ(交際期間3ヶ月)」
「話題にものぼらない(同棲中)」

かろうじて予定があるというコメントでも…

「クリスマスは仕事だから27日くらいに食事に行く予定(交際期間1年)」
「チキンとケーキを買って家で一緒に過ごす(交際期間1年半)」
「一緒にイルミネーションを観に行ったあと、デパ地下でお惣菜を買って家で飲む(交際期間7年)」

アラサーになると責任ある仕事も徐々に増え、男女ともに忙しい場合も多い。クリスマスだからといって平日に変わりはなく、むしろ年末なので普段以上に忙しい。少しクリスマス感を味わう場合もあまり遠出はせず、家でのんびりしたいというアラサーの本音がみえた。

特別なことはしないと語った彼女たちに、理想のクリスマスの過ごし方を聞いてみると、「家でささやかなクリスマスパーティーでいい」と実に謙虚というか、理想までも慎ましやか。中には「温泉に行って和風なクリスマスもいいな」という意見もあった。年末ぐらいはゆっくり癒やされたい、ということなのかもしれない。

せっかく彼氏がいるのに、世の中が用意したクリスマスプランにはのらないアラサー女子たち。クリスマスに何の興味もないかのような彼女たちだが、クリスマスが嫌いということでは決してなく、「クリスマスの街のきらびやかさが好き」「限定品とかクリスマスデザインの雑貨は可愛くてつい見ちゃう」「街に流れるクリスマスソングにウキウキする」と話す。クリスマスの雰囲気が好きなのと、イベントを積極的に楽しみたいかは、また別のようだ。(non)

<関連リンク>
「イルミネーションをみて家デートで充分!」今どき独女が求めるクリスマスデート

<独女通信 アンケート実施中!>
ポニーテールが許されるのは何歳まで?(12/24まで)
女性に質問です。温泉などに入る際、体を隠しますか?(12/24まで)

サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0