2014年、独女的に最高にハッピーだった出来事or最低最悪だった思い出は?

2014年、独女的に最高にハッピーだった出来事or最低最悪だった思い出は?

0

記事提供元 独女通信

2014年12月29日10時0分

独女通信

2014年はあなたにとってどんな年?

スポンサード リンク

写真拡大


クリスマスが終わってしまえばあっという間に年越しです。2014年はあなたにとってどんな年でしたか?

思い出すだけでむかっ腹が立つ最低最悪の出来事から、世界中に自慢したくなるような最高にハッピーなことまで、20~40代女性を対象に当媒体で集めたアンケートの声を大放出。幸せエピソードはおすそ分けにあずかる気持ちで、不幸ネタは笑い話に変えて、あなたも自分と比較しながら2014年を総括してみてください。

■「◯年ぶりに彼氏ができた」幸福に勝るものなし!?

「2014年、最高にハッピーだった出来事を教えてください」というアンケートを投げかけたところ、圧倒的に多かったのはやっぱり色恋関係! 

「人生で初めて恋人ができたこと」(20代)

「長年フリーだったのですが、彼氏ができた」(30代)

おめでとうございます! 恋は人生の花ですもんね。人生初&数年ぶりの彼氏と過ごすクリスマスを存分にお楽しみください!

「年下の彼氏ができたこと。長らく私に片思いしていたそうなのでとても大切にしてもらっています」(30代)

なんと羨ましい…! まるで『きょうは会社休みます。』の世界まんまじゃないですか!(30代処女OLが21歳大学生と恋に落ちるアレね) いや~、現実世界でも本当にそんなことってあるんですね…。

一方で、年下男子に撃沈したものの、その後にハッピーが舞い込んだという独女も。

「7つ年下に恋したが相手にされなかった。が、その後すぐに彼氏ができた。4年振り。誰かに愛されるっていいね」(30代)

「誰かに愛されるっていいね」って、なんかこう独女のハートに沁みる名言ですよね…。いやもうホント、そういう相手と巡り会える幸運がいかにありがたいものか、年齢を重ねるほどにしみじみ感じる今日このごろですよ…。

そして30代ともなると“2週目”のステージに突入する人も。

「最高にハッピーな出来事は再婚が決まったこと。ちなみに彼は初婚」(30代)

こちらもおめでとうございます! 独女的にはどうすれば1回のみならず2回も結婚に持ち込めるのか、その秘訣をぜひ教えてほしいところです。

でもプライベートを潤してくれるのは恋愛だけじゃないはず。30代で再び友情の素晴らしさに目覚めたという人もいました。

「趣味の歌で、年の離れた親友(50代女性)ができたこと。お互いを高め合え、信頼し合える仲です。この年で親友ができるとは思わなかった。彼女に出会えて本当に幸せです!」(30代)

親友を作るのってある意味、恋人を作るより難しいですよね。大人になるほど疎遠になっていく女友だちも多い中で、仕事を離れたフィールドで一生ものの大親友ができるなんて素敵!

■涙を拭ってネタに変えろ! 独女的不幸自慢2014

しかし光もあれば陰もあるのが人生。思い返すだけでズーンと気が滅入るアンハッピーな出来事が降りかかった人も少なくないようです。それでは皆様の「2014年、最低最悪だった思い出」をどうぞ。

「婚約を破棄されたこと」(20代)

「好きな人と別れました。本当に辛かった。今も辛いけれど、来年は大殺界からも抜けるしきっといいことあるよね!」(30代)

「同じ干支の年下男に言い寄られたものの、自分の年齢を言うタイミングを逃し、関係が進展していくにつれ、どんどん辛くなってしまったこと」(30代)

結局どんな風に実年齢を告白したのか気になります!

「転職先がブラック企業だった。逃げるように辞めたが、このままだと無職のまま年越しをしてしまいそう」(30代)

明らかなブラック企業なら早めに辞めて正解。新たな年、気持ちを切り替えてがんばって!

「子宮筋腫の手術をしたこと。腹腔鏡手術なのに4時間もかかり術後も痛くてつらくて何度も泣いた。健診の大切さと一人暮らしの心細さをしみじみ実感」(40代)

恋をするにも仕事を探すにも、やっぱり健康は大前提です。

以上、いかがでしたか? 「いやいや私のほうが幸せだから」「不幸ネタなら負けてない!」というご意見あれば、ぜひ編集部までお寄せくださいね。そして願わくば2015年は、すべての独女に幸福が訪れますように…。(小鳥居ゆき)

<関連リンク>
今だから暴露します! 若気の至りでやらかした“赤っ恥”エピソード

<独女通信 アンケート実施中!>
好きな人や恋人に、話せない過去はありますか?(1/4まで)
オトコの休日、実はなにしているの?(1/4まで)

サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0