転ばぬ先の学資保険選び たくさんある学資保険でどれがいいかがわかるサイト

転ばぬ先の学資保険選び たくさんある学資保険でどれがいいかがわかるサイト

0

転ばぬ先の学資保険選び たくさんある学資保険でどれがいいかがわかるサイト

ITライフハック2013年04月25日17時00分

記事提供元

ITライフハック

たくさんある学資保険でどれがいいか

スポンサード リンク


転ばぬ先の学資保険選び たくさんある学資保険でどれがいいかがわかるサイト

筆者にとって教育は、受けている最中は面倒だと思ったり苦痛に感じることが多かったが、自分が社会人になってみて、小・中・高・大学と十分な教育を受けることができたありがたさを、身に染みて理解できるようになった。

何も考えずに学校に通えたというのは、これはもう学費を捻出してくれた両親のおかげであると言える。それでは自分たちが親になったときに、子供たちに十分な教育を受けさせることができる財力があるだろうか?

また、教育以前の健康面ではどうだろう。子供たちが事故に遭ってしまい、長期入院を余儀なくされることになったとしたら? 相当の医療費がかかってくる。いくらお金がかかっても、子供を元気にしてあげたいと考えるのは当然だ。そうは言っても家族内の経済力には限界がある。

そうしたアクシデントにも備え、教育資金としても蓄えることができるのが「学資保険」と呼ばれる保険だ。生命保険の一種ではあるが、人が亡くなることを前提にはしていない。基本は保険対象の子供が一定の年齢に達した時に払い戻しがあり、それが入学資金だったり授業料だったりといった支出に利用するお金になる。

古くは郵便局(簡保)だけが扱う保険だったが、現在では各種保険会社が扱う保険へと急成長し、さまざまな種類の学資保険が登場している。

そんな学資保険だが、その種類の多様さに、どの保険を選んだら良いのかという疑問に即座に答えることができるという人はいないだろう。そこで参考にしたいのが学資保険の知識や選択のノウハウがぎっしり詰まったサイト「学資保険比較ガイド」だ。学資保険を選ぶ際に必要な情報が満載なので、子供を持つ親御さんなら、ブックマークしておいて損はない。

■学資保険の万一とはどういったケースか?
たとえばこのサイトを見て知ったのだが、学資保険が満期となるのは「子供が一定年齢に達したこと」という条件になっている。考えれば当然だ、中学入学、高校入学、大学入学といった具合に学費がかかってくる。入学金や授業料もバカにならない。このように物入りとなる一定の年齢に達した時に一定額が支払われるのが学資保険だ。

「人が亡くなる=保険金支払い」といった図式ではない学資保険でも万一のリスクというのは生じる。たとえば「掛け金を支払う親が不幸にも亡くなってしまった場合どうなるのか?」「子供が事故に遭って亡くなってしまった場合どうなるのか?」といったことだ。

親が不幸にも亡くなってしまった場合は、以降の保険金額の残額が免除されたり、子供が亡くなってしまうようなケースでは、死亡給付金が支払われるといった保険もあるそうだ。このように学資保険ならではの万一のケースがあって、こういったことがこのサイトではきちんと解説されている。


学資保険というものについて非常に深い知識が詰まったサイトである。

■学資保険を比較検討するのにおススメ
学資保険比較ガイドには、学資保険に入る前、入った後、満期時といった状況での対応方法や加入のタイミング、税金上の問題や手続き情報といった、あらゆる項目が網羅されている。

そして何より、忌憚のない意見でズバズバと言い切っているところ、明らかな宣伝と思われる記事が存在していないこと。特定の保険会社を、褒めちぎるような無粋なマネをせず丁寧に比較していること、といった点を考えるとかなり信頼性の高いサイトであることがわかる。学資保険について加入を検討しているのであれば、このサイトをチェックすることをおススメしたい。

[PR企画]

学資保険比較ガイド

0