検証:巷でモテると噂の「0型×次男」は本当にモテるのか?

検証:巷でモテると噂の「0型×次男」は本当にモテるのか?

0

検証:巷でモテると噂の「0型×次男」は本当にモテるのか?

独女通信 2013年05月08日10時30分

記事提供元

独女通信

写真拡大
今年3月、ポータルサイト「goo」が「女性が付き合いたいきょうだい構成×血液型ランキング」という調査結果を発表し、話題となったことをご存じだろうか? そこで見事第一位になったのは「0型×次男」という組み合わせであった。
しかしこの組み合わせの男性は、現実社会で本当にモテているのだろうか?

そんな疑問を持つ人も多いのではないか。イメージではモテそうでも、実際はどうなのか? 気になったので、早速アンケート取材をしてみることにした。
アンケートはズバリ「あなたの周りにいる0型次男男子はモテますか?」というもの。回答者21人で、うち13人が「モテる」と回答。全体としては約6割といったところか。
また「モテる理由」を具体的に伺ってみたが、13人の回答には最大の共通点フレーズがあった。それはズバリ「甘え上手」という言葉だ。
発言を具体的に紹介してみる。
「女の子に期待を持たせるような発言が多い。甘え上手。母性本能をくすぐるのが上手」(19歳)
「サバサバとした性格で、甘え上手です。そして、ちょっと乙女男子。なので、記念日を大切にしてくれます」(35歳)
「彼が0型次男です。アパレルで働いているのですが、お客さんにアドレスを渡されたりして、いつもヒヤヒヤです。次男で甘えるのが上手だからですかね」(22歳)
13人中、なんと10名が「甘えん坊」「甘え上手」というフレーズを使っていた。「甘え上手」というのは、いつの時代も女性がモテるための鉄板条件のひとつだが、もしかすると近年は男性もこの条件が有効となっているのだろうか? 
ほか目立ったフレーズは「自由奔放」「気配りができる」「イケメン」といったところだった。全般的にみると「気配りができる」以外、あまり頼りにならなそうな気がするのは気のせいだろうか……。
一方「モテない」と回答した残り8名の回答だが、うち4つはこんな回答であった。
「空気が読めない」(27歳)
「自由奔放で都合がいい時しか連絡をしないから」(28歳)
「大雑把でデリカシーがない、リーダーシップもとれない」(42歳)
「気をつかえなさすぎる」(20歳)
モテる理由として「甘え上手」と「自由奔放」というフレーズがあったが、これらの回答とこのフレーズは、それほど遠くない気がしないだろうか? 例えば「空気が読めない」「気をつかえない」というのは、最大限によく言えば「自由奔放」といえなくもない。そして最大のモテポイントであった「甘えん坊」というフレーズも、「相手に隙を見せる」「相手に頼って母性本能をくすぐる」という意味では、これらの欠点が甘えん坊に昇華する可能性もあるのではないか。
モテる・モテない関係なく、いずれにしても「O型次男」は甘えん坊で自由奔放な、母性本能を最大限にくすぐられるタイプの男性が多いことは確かなようである。
それにしても「男らしい」とか「リーダーシップがある」とか「頼りがいがある」というフレーズは、現代の“モテる”要素にあまり重要ではないのだろうか? やはりそれはいわゆる「草食系男子・肉食系女子」という、もはや言い尽くされた感のある傾向が、しっかり影響しているのかもしれない。
考えれば考えるほど、いろいろ思うところが多かったアンケート結果である。(橋口まどか)
0