夏だ!水着だ!ムダ毛処理だ! 抜く?剃る?溶かす??【ゴスロリ社長はるにゃんのエステの裏技】

夏だ!水着だ!ムダ毛処理だ! 抜く?剃る?溶かす??【ゴスロリ社長はるにゃんのエステの裏技】

0

夏だ!水着だ!ムダ毛処理だ! 抜く?剃る?溶かす??【ゴスロリ社長はるにゃんのエステの裏技】

家電チャンネル2013年07月03日15時00分

記事提供元

家電チャンネル

夏だ!水着だ!ムダ毛処理だ! 抜く?剃る?溶かす??【ゴスロリ社長はるにゃんのエステの裏技】

Alpaca
「脱毛サロンに行くのもいいけどそんなお金も時間もない!!」そんな女子たちへのムダ毛処理のお話だよ!
■抜くor剃るor焼き切るor溶かす
最もスタンダードなのは「毛抜きで抜く」「カミソリで剃る」だと思うけど最近は「電熱線で焼き切る」タイプの機器も出てきているよね。その他にも「毛を溶かす」クリームやジェル、「毛を一気に抜くワックス」もあるみたい。あなたに一番合う処理方法はどれかしら??
■抜く(毛抜きvsワックスvs電動マシン)
「抜く」行為のデメリットは「毛が皮膚に埋もれてしまう(埋没毛)」や「抜いた場所からの細菌感染」なんだけど、どうしてもお手軽な「抜く」行為はやめられない…。
・毛抜き  …「抜く」行為の中では最も埋没毛になりにくい。痛みとしては「チクッ」。ただし一本一本なので面倒。
・ワックス …パッチテスト必須。「ベリッ」とひと思いに抜くので痛みは一瞬。ただし埋没毛になりやすいし、皮膚の弱い人はかぶれたりも。
・電動マシン…痛い。とにかく痛い。容赦なく「ブチブチ」抜いていくので埋没毛になりやすい。ただし自分はマシンを当てるだけなのでラクといえばラク。
■剃る(カミソリvs電熱線)
今までは「剃る」行為のデメリットは「カミソリ負け(刃の皮膚に対する力が強すぎて皮膚も一緒に削ってしまう)だったのだけど、新たに電熱線で焼き切るタイプが登場。
・カミソリ…刃の枚数が多いもの、振動するものであればカミソリ負けは起こりにくい。お風呂タイムにサササーと処理できるのでかなりお手軽。ただし毎日やらないとチクチクしだす。
・電熱線 …カミソリではないので「カミソリ負け」が絶対に起きない。実は「電熱線で焼き切ったあと、残ったチクチクを目の細かいヤスリでならさないといけない」ので結構面倒。毎回「目の細かいヤスリ」で皮膚をこするのは皮膚に良いのか…?
■溶かす
「パッチテストが必須」という段階で既にめんどいのだけれど…
・除毛クリーム…効く人曰く「毛が生えてきてもチクチクしない」らしい。とはいえ、タンパク質を分解するため皮膚が弱いと使うことができない上、毛の太さなどによって効く人と効かない人がいるらしい。
■脱毛器を買うvsサロンへ行く(光脱毛)vs皮膚科へ行く(レーザー脱毛)
「ひげ処理」のようにごく一部だけならサロンや皮膚科に行った方が手間もかからないし、そんなに高くない(5万でお釣りがくるレベル)から割と気軽にできるかも。ただし、全身となるとコースとしての相場は大体「サロンでの光脱毛50万」「皮膚科でのレーザー脱毛75万」くらいの結構なお値段(都度払いのところもある)。
ということで、はるにゃんは「電動脱毛マシン(1万くらい)」「光脱毛機(3~4万)」を買って、毛を抜いた後に光脱毛機を当てていたよ。剃ったあとに家庭用光脱毛機を当てても大した効果はないけれど、抜いたあとなら家庭用のものでも光脱毛機の光が「毛の断面」ではなく「毛乳頭」に集中してくれるみたい。次から生える毛が明らかに細く…。今は「たまにカミソリで剃る」くらいで十分な状態なんだ(※あくまで「はるにゃんはこうしている」というだけですので真似する場合は自己責任で!!)。
永久脱毛をしても「産毛」は絶対に生えるよ!サロンや皮膚科に行ったからといって完全に毛がなくなるわけではないのでご注意を!!

DSC00147

ゴスロリ社長はるにゃん

女性を素肌からキレイにしていくために「残念なケア」や「買っただけで満足してしまったもの」にひとこと物申す!美肌・美髪・美爪・美骨・美筋肉の5大要素を鍛え上げて、「女磨き」しているダイヤの原石たちを「出荷状態」のダイヤへとスタンバイさせます。磨きすぎも磨いてるつもりも全然ダメ!ISO14001/9001のコンサルタント・美容家

0