環境の変化でゴールイン! 本当にあった結婚の話

環境の変化でゴールイン! 本当にあった結婚の話

0

環境の変化でゴールイン! 本当にあった結婚の話

独女通信2013年04月24日10時30分

記事提供元

独女通信

「友人が、結婚することになったんですよ」と由子さん(35才)が言う。この手の話を聞くときは、たいがいネガティブな顔つきになるものだが、由子さんは目をらんらんと輝かせている。ほぼ10年間、彼がいない由子さんにとってはどうも希望に満ちたエピソードらしい。
「ひとりは7年くらい彼氏ができなかった元同僚の子。一時期は合コンに行ったり、お見合いしたりと一生懸命に婚活していたけど、うまくいかないから結婚を諦めていたんです。「結婚しろ!」と口うるさかった親も何も言わなくなって……。そこで、せめて別の形で親孝行しようかなと思って、お母さんを金沢旅行に招待したんですって」

 彼女は仕事が忙しく両親とは別々に住んでいたので、これまで親孝行らしいことはしてこなかったそうだ。
「ところが、新幹線で隣の座席に乗り合わせたサラリーマンとの出会いがきっかけで交際、結婚に至ったそうなんですよ。そもそもお母さんと男性の会話が盛り上がり、『東京でまた会おうね』と約束。それが交際のきっかけなんだけど、あとで聞いたら実は男性は彼女にひと目惚れだったんですって」
 自力で頑張ってきた恋愛は実らず、お母さんというキューピッドにより成就するなんて。しかも「自分は女として魅力がないんじゃないか」と思っていたところでひと目惚れされるなんて誇らしいではないか! この女性にとっては初めての親孝行がとんだ収穫になった。
「え~、本当にそんなことがきっかけで!? って、私も急に両親に会いたくなっちゃいました(笑)。あと、もうひとつすごい話があるんですけど」と由子さんは続ける。
「これはよく行く居酒屋さんの常連さんで、50代になる独身男性の話です。いい人なんだけど、いつまでたっても浮いた話がない。よくマスターが私に『アンタもひとりならこの人と結婚してあげてよ~。仮面夫婦でいいからさ(笑)』なんて冗談を言うくらい。ところがある日、お店に行ったら結婚することを聞いてビックリしました。きっかけは友人の紹介とごく普通でしたが、実は自分自身に大きな変化があったんです。それは、入社してから30年くらい住んでいた家を引っ越したこと! 引っ越して早々、お相手の女性を紹介してもらったそうです。驚きですよね」
 環境を変えることで身の回りも自然と変化していくものなのだろう。現在、同じマンションに10年間住んでいるという由子さんは、年内に引っ越しすることを決めたそうだ。
「ここ10年は本当に何も変わってないんですよね。でも、こういうレアなケースが同時期に耳に入るなんて、「お前にもチャンスが来てるぞ」ということなんだと思います! ……それはちょっとポジティブに捉えすぎかもしれませんけど(笑)。だけど、親孝行や引っ越しみたいな身近な変化をしてみようと思います。たとえば、生まれてこのかたショートカットにしたことがないので、この夏にチャレンジしてみるとか」
 春は“はじまり”の季節。環境が変わる人も多いはず。逆に、何も変わらない日々を過ごしている人は、由子さんのようにあえて行動をおこしてみるのもいいだろう。ちょっとしたことが大きな人生のターニングポイントになるかもしれない。(パンチ広沢)
【「O型次男」は本当にモテるのか】独女通信の記事企画用アンケートにご協力をお願いいたします【2013年上半期の印象に残った芸能ニュースは?】
0