独女の主張! “とりあえず”で結婚できるか!

独女の主張! “とりあえず”で結婚できるか!

0

独女の主張! “とりあえず”で結婚できるか!

独女通信2013年04月17日10時30分

記事提供元

独女通信

先日、親戚の法事に出席した里佳子さん(33歳・教育関連)は、「里佳子ちゃん、とりあえず結婚してみたら」という伯母さん(62歳)の言葉に唖然とした。「最近は離婚も珍しくないんだし、ダンナと上手くいかなければ子どもを連れて実家に帰ってきちゃえばいいのよ」と伯母さんの言葉は続く。

「伯母は娘も息子も結婚していて孫もいるせいか、結婚のことになると上から目線でアレコレ言うんですよ。“とりあえず”では結婚も離婚もできません!」と里佳子さん。伯母さんにしてみれば「子どもを連れて実家に帰ってきちゃえばいいのよ」は言葉の綾のようなものだろう。本音は「いい人がいるのなら、幸せな結婚をして欲しい」だと思いたい。
こんな話もある。幸恵さん(37歳・教育関係)の母・清恵さん(72歳)も頻繁に「とりあえず、結婚してみたら」と言うそう。「結婚経験があるかどうかは、年をとったときに違いがでてくると思うの。結婚生活で学ぶことは多いし、例え離婚したとしても、独身のまま年をとるよりも人間として深みがでるでしょう。良い人がいたらアレコレ考え過ぎずに結婚してみればいいと思うの」というのが清恵さんの持論だ。
「私が適当にスルーするから、よけいに母も言うんでしょうね。今の自分を否定されるみたいで嫌になります」。幸恵さんの結婚への関心は遠ざかるばかり……。
「ウチの母は、かなり本気で『とりあえず結婚、子連れで帰って来い』と言います」と話してくれたのは美樹さん(26歳・医療関連)。「母は祖母との折り合いが悪く、祖母が亡くなるまで苦労の連続でした。だから『美樹にはそんな苦労をさせたくない』って言いますが、私が結婚することで新たにできる親戚付き合いも面倒なのかもしれません。母の話を聞いていると結婚しなくてもいいかなって思うんです」
彼女たちの話を聞いて思うのは、「とりあえず結婚」という言葉は独女たちを結婚から遠ざけるということ。同世代を見渡せば、幸せな結婚をしている女性ばかりではないし、離婚は結婚以上にパワーがいることを知っているから、周囲から「とりあえず結婚」と言われてもその気になれるわけがない。
では「とりあえず、付き合ってみたら」という言葉はどうだろうか?
周囲の独女たちに聞いてみると「30代も半ばを過ぎると時間も限られているので、とりあえずでは付き合えない」「本当に好きになった人と付き合いたい」といった言葉が返ってきた。
一方、既婚女性に聞いてみると「生理的にダメなタイプでなければ、付き合ってみるのがおススメ。付き合ってみなくちゃ先に進めないでしょう」「とりあえず会ってみて嫌なら断ればいい」といった答えが……。
興味深かったのは弘美さん(40歳・パート)の言葉だ。「“とりあえず”と言われると、相手にあまり期待しないように思うんです。“お試し”みたいな感じかな? 期待していない分、思っていたよりもいい人だと感じるのかもしれません。私はこのパターンで付き合い始めて結婚しました」
「とりあえず結婚してみたら」と言われたら「とりあえず誰か紹介して」と返してみる。とりあえず会ってみて、嫌ならあっさり断るのもいいだろう。弘美さんの言葉のように、“お試し”と思えば気も楽だ。“とりあえず”で結婚はできないが、ひとまず会ってみることで見えてくることは意外と多いかもしれない。(オフィスエムツー/神田はるひ)
0