Google、Gmailとは別の新しいメールサービス「Inbox」を公開!まずは招待制で、AndroidやiOS向けアプリも提供

Google、Gmailとは別の新しいメールサービス「Inbox」を公開!まずは招待制で、AndroidやiOS向けアプリも提供

0

記事提供元エスマックス

2014年10月24日13時55分

エスマックス

GoogleからGmailとは別の新しいメールサービス

Google、Gmailとは別の新しいメールサービス「Inbox」を公開!まずは招待制で、AndroidやiOS向けアプリも提供


Googleが新しいメールアプリ「Inbox」を公開!


Googleは22日(現地時間)、同社のメールサービス「Gmail」の開発チームによる新しいメールサービス「Inbox」を発表しています。

GmailにAndroidで提供している「Google Now」のような機能を取り入れ、スヌーズなどにも対応した新しいサービスとなっています。現在は招待制で、InboxのWebページ「How to get Inbox by Gmail – Inbox by Gmail Help」の招待を受ける方法(inbox@google.com宛にメールを送る)にて申し込むこともできます。

利用環境はAndroidおよびiOS、そして、Chromeブラウザーとなっており、利用料は無料。なお、iOS向けアプリの対応言語には日本語は含まれていません。

02

Gmailはいわば旧来の「Eメール」を利用するソフトウェアを徐々に進化させてきたサービスですが、Inboxは昨今のさまざまなメールの利用方法をより便利にするためにまったく新しく開発したといった位置付けになります。

大量に届くメールから重要な情報だけをすばやく取得できるように設計されており、主要な4つの「バンドル」および「ハイライト」、「リマインダー」、「スヌーズ」という機能が提供されます。

バンドルはGmailの「カテゴリー」に相当し、例えば、オンラインショッピングでの注文や決済確認などのメールは「購入」カテゴリー、新サービスや新商品などの広告メールは「プロモーション」カテゴリー、宿泊先予約確認などの旅行関連のメールは「旅行」カテゴリーというようにメールが適切なカテゴリーに自動的に分類されます。また、分類ルールを自分で作成することも可能です。

また、ハイライトはメッセージを開かなくても本文中の重要な部分を抜粋し、メール一覧画面で確認できる機能で、画像が添付されている場合にはサムネイルで表示されます。

さらに、リマインダーはいわゆるTodo機能で、やるべきことを追加しておくと、受信トレイの一番上に表示されます。これに対する「アシスト」機能はリマインダーで追加した内容の関連情報を補足して表示してくれます。これはリマインダーに「A店に予約をする」と追加すれば、A店の電話番号や営業時間などが表示されます。

最後のスヌーズ機能はメールへの返信やリマインダーに追加したTodoの処理を先送りしたいとき、後で通知を行うよう設定することができます。

記事執筆:memn0ck


[Image] QRコードアプリ名:Inbox by Gmail
価格:無料
カテゴリ: 仕事効率化
開発者:Google Inc.
バージョン:1.0
ANDROID 要件:4.1以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.inbox

btn_android


[Image] QRコードアプリ名:Inbox by Gmail – the inbox that works for you
価格:無料
カテゴリ:仕事効率化
開発者:Google, Inc.
バージョン:1.0.2
条件:iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5、iPhone 6 および iPhone 6 Plus に最適化されています。
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id905060486?mt=8

btn_itunes


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
Official Google Blog: An inbox that works for you
Get started with Inbox – Inbox by Gmail Help
How Inbox works with Gmail – Inbox by Gmail Help

サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0