アプリ追加なしでも便利すぎる!Samsung最新スマホ「GALAXY S4」が韓国で発売開始――現地レポート【山根康宏の“世界のモバイル”】

アプリ追加なしでも便利すぎる!Samsung最新スマホ「GALAXY S4」が韓国で発売開始――現地レポート【山根康宏の“世界のモバイル”】

0

アプリ追加なしでも便利すぎる!Samsung最新スマホ「GALAXY S4」が韓国で発売開始――現地レポート【山根康宏の“世界のモバイル”】

エスマックス2013年04月28日13時55分

記事提供元

エスマックス

アプリ追加なしでも便利すぎる!Samsung最新スマホ「GALAXY S4」が韓国で発売開始――現地レポート【山根康宏の“世界のモバイル”】

ソウルで開催されたSamsung GALAXY S4 World Tour Seoul

4月26日、世界に先駆け韓国でSamsungの「GALAXY S4」が発売開始となった。3月14日にニューヨークで発表された同社のフラッグシップモデルは4月27日以降、世界各国でも順次発売となる。日本での発売日はまだ正式にアナウンスされていないが、近日中に登場することは間違いないだろう。
発売日に先駆け、前日の4月25日には”Samsung GALAXY S4 World Tour Seoul”がソウルで開催された。韓国国内のみならず各国から多くのメディアが集まるなど、本製品に対する世界中のメディアの注目は非常に高く、イベント会場にはGALAXY S4実機が多数展示され、発売前のモデルを実際にタッチ&トライすることもできた。

002
GALAXY S4は「Life Companion」と説明するDJ・リー無線事業部戦略社長

Samsungの無線事業部戦略社長、DJ・リー氏は「『GALAXY SIII』は『人』が使うことを考えた人間中心の製品を目指したが、GALAXY S4はさらに踏み込んで『ライフ・コンパニオン』すなわち人々の生活をより豊かに、便利にするためのツールとして開発した」と製品のコンセプトを紹介。高度なカメラ機能や翻訳機能、そして新しく搭載される健康管理機能など、楽しさと利便性を通じスマートフォンが生活をサポートする強力なツールになることを説明した。

003
「生活のパートナーとなる最高の製品を目指した」と語るファン・スンフン韓国マーケティング課長

また韓国マーケティング課長のファン・スンフン氏も「技術を通じて人々の心を豊かにし、生活のパートナーとなる製品とするためにGALAXY S4は最高のハードウェアを搭載し、様々な新機能をストレス無く快適に使える」と話した。そしてDJ・リー社長同様に「ライフ・コンパニオン」というキーワードを何度も繰り返し、GALAXY S4は高いハードウェアスペックだけではなく、ソフトウェアを利用することで生活の満足度を高めてくれる点も大きく注目して欲しいと語った。

004
韓国では4月26日午前10時から発売。特設イベントも開催された

翌26日の午前10時、韓国の全都市でGALAXY S4が一斉に発売開始となった。ソウルでは大型ショッピングモール「COEX」に特設会場が設けられ、GALAXY S4の実機が200台も並べられ一般客でも誰もが自由に製品をトライすることができた。平日金曜日にも関わらず朝から多くの消費者が訪れ、お昼時にはデモ端末を奪い合うように試す光景もあちこちで見られたほどだった。

005
芸能人によるGALAXY S4の活用方法に注目が集まる

特設会場ではステージ上で芸能人や有名人によるイベントが終始公開された。イベントでは料理の得意なコメディアンが料理中でも画面に手を触れることなくGALAXY S4のブラウザで表示したレシピページをめくることができるAir Gestureや、映画を見ながら包丁を使うときに画面から目線をそらせば動画が自動的に一時停止されるSamsung Smart Pause機能などを紹介。またプロ顔負けの写真を撮るラッパーはGALAXY S4のカメラを使った新しい作品を発表するなど、来場した観客を沸かせていた。

006
実機ブースでは説明員による細かい説明が行われる

デモンストレーションされたGALAXY S4は、8台がズラリと並べられた小テーブルが25セットも用意され、それぞれに説明員が2-3名ずつ待機。各テーブルごとにGALAXY S4の特定の機能を細かく説明する配置となっており、各テーブルを回っていくごとで一つ一つの機能をより深く体験することができるという仕掛けだ。GALAXY S4はこれまでのスマートフォンとは異なり、後からアプリを追加しなくても多くの機能が利用できるとあって、これまで発売されたどの製品よりも多くの時間をかけて消費者に使い方や機能を説明する展示方法を採用したのだろう。

007
来客のニーズに応じた説明も

会場で特徴的だったのは、来場者の多様さだ。ショッピングモールという場所で開催されたこともあってか年配者など、年齢層が幅広いことだ。GALAXY S4はハイエンド製品を求めるアーリーアダプタ層だけではなく、製品の使いやすさからあらゆる消費者に受け入れられる製品になってきているということなのだろう。年配者には写真撮影と同時に音声が録音できるSound Shot機能を、旅行好きな若いカップルには翻訳機能のS Translatorや自動的にフォトアルバムが作成できるStory Albumを重点的に説明するなど、来訪客のニーズごとに合わせた細かい説明が行われていたのも印象的だった。

008
日本での発売に期待が高まるGALAXY S4

GALAXY S4は韓国ではSKテレコム、KT、LG U+の3事業者から発売となっている。定価は89万ウォン(約7万8500円)、2年契約により割引での購入も可能である。スペックを競うだけのハイエンド製品ではなく、すでに生活をサポートし豊かにしてくれる「ライフ・コンパニオン」となったGALAXY S4だが、日本での発売が今から楽しみである。
記事執筆:山根康宏
0