最速入手!Samsung最新フラッグシップスマートフォン「GALAXY S4」の海外版を購入したのでじっくりと紹介してみる【レビュー】

最速入手!Samsung最新フラッグシップスマートフォン「GALAXY S4」の海外版を購入したのでじっくりと紹介してみる【レビュー】

0

最速入手!Samsung最新フラッグシップスマートフォン「GALAXY S4」の海外版を購入したのでじっくりと紹介してみる【レビュー】

エスマックス2013年05月06日11時55分

記事提供元

エスマックス

最速入手!Samsung最新フラッグシップスマートフォン「GALAXY S4」の海外版を購入したのでじっくりと紹介してみる【レビュー】

GALAXY S4最速入手キタ━(゚∀゚)━!

サムスン電子が4月末に発売開始した最新フラッグシップスマートフォン「GALAXY S4」。恐らく5月中旬に行われるNTTドコモの夏モデル発表会でも国内向けモデルが登場すると思われ、このドコモ版GALAXY S4に期待している人も多いと思います。
そんな中で、今回は、国際版GALAXY S4を入手しましたので、最新&最強モデルの魅力を外観およびベンチマーク、カメラ機能を中心に紹介したいと思います。
なお、今回入手した国際版GALAXY S4は、Qualcomm製クアッドコアCPU「Snapdragon S600」を搭載したLTE対応の香港版モデル「GT-i9505」で、ドコモ版に恐らく近いスペックとなっていると思われます。では、さっそく紹介していきましょう。

◯化粧箱(パッケージ)の中身は?

IMG_3233
木目調の化粧箱が素敵

まずは、パッケージの外観ですが、先代の「GALAXY SIII」と同じサイズの化粧箱となるものの、木目調のデザインが存在感を目立たせます。なんとなくエコな感じがしますね。

IMG_3234
>内容物はシンプルな構成だ

中身を確認してみよう。中身は「QuickStartGuide」というシンプルな説明書とUSBケーブル、イヤホン、充電アダプター(ただし、日本では使用できない)と最小限の構成となっています。

◯外観をじっくりチェック!

IMG_3236
GALAXYらしい表面デザイン

本体デザインは、ひと目で「GALAXYシリーズ」とわかるデザインとなっています。

また、ディスプレイサイズが5インチと大きくなっているものの、横幅はGALAXY S4が69.8mmで、先代GALAXY SIIIの71mmよりも狭くなっています。

これはディスプレイ面のフレームがものすごく狭くなっているおかげであることがわかります。さらに、質量も軽量になっているおかげもあり、手で持った時にGALAXY S4は先代モデルよりもかなり手に馴染みやすいと感じました。

ディスプレイの解像度は、フルHD(1080×1920ドット)に進化しており、Super AMOLED(有機EL)パネルの発色が非常にキレイです。

パネルはペンタイル構造(GALAXY SIIIのときのペンタイル構造を進化させた“ダイヤモンドペンタイル構造”を採用)となっているものの、目視では他のフルHD解像度のディスプレイを搭載したモデル(手持ちだと「HTC J butterfly HTL21」や「Xperia Z SO-02E」)と比べても違いはわからないレベルとなっています。

IMG_3238
裏面を見てみる

裏面はシンプルにスピーカーやカメラ、フォトライトのみを搭載しています。

IMG_3243
裏カバーを開けてみた

バッテリーカバーを開けると、microSDカードスロットやminiSIMカードスロットが搭載されています。また、バッテリー容量は2600mAhとGALAXY SIIIよりも500mAhも増量されています。

◯質感が向上した外観
筆者自身、先代モデルと比べて一番進化したと感じるのは質感の向上だと思いました。これまでのGALAXYシリーズといえば、他社スマートフォンと比べるとやや安っぽいイメージがありましたが、今回のGALAXY S4は見事に安っぽさを解決し、非常に質感の高いものに仕上がっています。

IMG_3241
美しいフレーム部

金属部のフレームが高級感を出しています。

IMG_3239
表面はただのホワイトではない

本体表面をよく見てみると、縞々の表面処理が入っています。これが光に当たると良い具合の模様を出してキレイに見えます。

◯他のスマートフォンとの比較
サイズなども含め他のスマートフォンとの比較もしてみました。

IMAG0106
手持ちのスマートフォンと比較

Apple製「iPhone 5」やHTC J butterfly HTL21と比較してみましたが、まず気づくことは、同じサイズのディスプレイを搭載したHTC J buttefly HTL21と比べてさらにひと回りサイズが小さいところでしょう。また、これらの2機種と較べても、ディスプレイの周りのフレームはGALAXY S4が一番小さく、非常に狭額縁になっているのがわかります。

IMAG0107
iPhone5のみカメラ位置が異なる

◯カメラ性能の比較
GALAXY S4およびiPhone 5、HTC J butterfly HTL21の3台を使用し、カメラ性能の比較を行ってみました。

撮影は、マクロ性能と風景撮影を評価するため2枚ずつ行なっています。なお、サイズと圧縮率は変更しているため、あくまで色合いなどの参考として欲しいと思います。結果としては、この3台の中ではiPhone 5が一番実物の色合いに近く撮影できているように思われました。

【風景】

20130503_150030
GALAXY S4
IMG_3229
iPhone 5
IMAG0102
HTC J butterfly HTL21

【マクロ撮影】

20130503_145859
GALAXY S4
IMG_3227
iPhone 5
IMAG0099
HTC J butterfly HTL21

◯ベンチマークスコアは
最後に、AntutuベンチマークとQuadrant Standard Editionの2つのアプリを用いて、ベンチマークを行いました。

流石に最新GALAXYモデルということで、素晴らしいベンチマーク結果をはじき出しています。

Screenshot_2013-05-03-16-26-42
HTC One Xとの差が圧倒的

Quadrant Standardは12535点をマークしています。

Screenshot_2013-05-03-16-34-59
Google Nexus 4との差も圧倒的

Antutuベンチマークは24646点をマークしています。

Screenshot_2013-05-03-16-35-09
システム情報は?

Snapdragon S600搭載モデルとなるためクアッドコア表示となっています。

今回は、この辺りでレビューを終わりにしたいと思いますが、需要がありましたらさらにGALAXY S4の新機能を紹介したいと思います。とにかく最新GALAXYシリーズということで、ワクワクしながら使っています。

記事執筆:k_tuned

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX – Facebookページ
EXPANSYS Japan、Samsung最新フラッグシップスマホ「GALAXY S4」を販売開始!まずはオクタコアCPU搭載3Gモデルのみ – S-MAX
アプリ追加なしでも便利すぎる!Samsung最新スマホ「GALAXY S4」が韓国で発売開始――現地レポート【山根康宏の“世界のモバイル”】 – S-MAX
スマートフォンアクセサリーEXPO 2013:スマホに張り付けるだけでドレスアップ!アルミ加工が美しいデコレーションカバー「aluminize」【レポート】 – S-MAX
Samsung、主力スマホの最新モデル「GALAXY S 4」を発表!5インチフルHDディスプレイや1.6GHzオクタコアCPUなどを搭載 – S-MAX

0