デュアルネットワーク対応!超大容量5000mAhバッテリー搭載でスマホの充電もできるモバイルWi-Fiルーター「PocketWiFi 203Z」を写真でチェック【レポート】

デュアルネットワーク対応!超大容量5000mAhバッテリー搭載でスマホの充電もできるモバイルWi-Fiルーター「PocketWiFi 203Z」を写真でチェック【レポート】

0

デュアルネットワーク対応!超大容量5000mAhバッテリー搭載でスマホの充電もできるモバイルWi-Fiルーター「PocketWiFi 203Z」を写真でチェック【レポート】

エスマックス2013年05月08日13時55分

記事提供元

エスマックス

デュアルネットワーク対応!超大容量5000mAhバッテリー搭載でスマホの充電もできるモバイルWi-Fiルーター「PocketWiFi 203Z」を写真でチェック【レポート】

5000mAhの大容量バッテリ、スマートフォンへの給電に対応したモバイルWi-Fiルーター「PocketWiFi 203Z」

既報の通り、ソフトバンクモバイルは7日、2013年夏以降に発売予定の新製品などを発表する「2013 Summer 新商品発表会」を都内で開催し、5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、スマートフォンへの給電にも対応したモバイルWi-Fiルーター「PocketWiFi 203Z」(ZTE製)を発表した。発売時期は2013年8月となる予定。
今回は、このPocketWiFi 203Zが発表会場にて展示されていたので、実際にタッチ&トライしてきたので、サイズ感などを含め紹介しよう。
PocetWiFi 203Zは、TD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」によるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応し、下り通信速度は最大110Mbpsで利用可能。また、ソフトバンクモバイルのモバイルWi-Fiルーターとしては初めて、イー・アクセスが提供するFDD-LTE規格による下り最大75Mbpsのデータ通信サービス「EMOBILE LTE」にも対応し、EMOBILE LTE対応エリアでは、EMOBILE LTEのネットワークが利用可能となっている。
そのため、ソフトバンクモバイル向けとして初めてイー・モバイルの「PocketWiFi」ブランドが冠されている。ソフトバンクでは、過去にも買収したウィルコムが展開していた「HONEY BEE」ブランドを自社向け製品にも利用していたが、イー・モバイルのPocketWiFiについても、イー・アクセスを買収したことによって自社向け製品のブランドとして利用したことになる。


本体正面


本体側面


本体上側面

それ以外にも、PocketWiFi 203Zの特徴は、5000mAhの大容量バッテリーと、大容量のバッテリーを活かしたスマートフォンへの給電機能で、スマートフォンへの給電は5.2V/1Aで出力される。
モバイルインターネット通信は、SoftBank 4G(AXGP)およびULTRA SPEED(W-CDMA/HSPA+)のほか、ソフトバンクモバイルのモバイルWi-Fiルーターとしては初めてEMOBILE LTEに対応するわけだが、ネットワークの接続設定などにより、通信するネットワークの種類(LTEもしくは3G)の固定や、ユーザ側でのネットワーク接続の優先順位設定には非対応となる。
また、ソフトバンクWi-Fiスポットにも対応しており、ソフトバンクWi-FiスポットのエリアではWAN側をソフトバンクWi-Fiスポット経由で接続し通信ができる。
説明員によると、ソフトバンクWi-Fiスポットの接続時の認証は、SIMカードによる認証に対応しているため、従来よりスムーズに接続が可能としている。
WAN側のWi-Fi接続機能は、自宅の無線LANなどへの接続するなどの用途を考えて対応されているが、自宅用のクレードルなどは非対応となる予定。
なお、説明員の話では、PocketWiFi 203Zは、USB接続(WindowsおよびMac OS)に対応し、同時接続数は最大で14台。マルチSSIDに対応するが、SSIDごとの接続数上限については不明とのことだ。
料金プランなどの詳細は不明となっており、今後の発表に期待したい。

◯主な仕様(予定)

通信方式 AXGP方式(2.5GHz)
FDD-LTE方式(1.7GHz)
W-CDMA方式(1.5GHz/1.7GHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 110mm×67.5mm×18.6mm/未定
連続通信時間/連続待受時間 約13時間/約640時間
内蔵バッテリー 約5000mAh
通信速度 下り最大:110Mbps
上り最大:10Mbps
ディスプレー 1.4インチカラー液晶
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
同時最大接続台数 14台
記事執筆:shimajiro
0