5インチフルHDディスプレイでフルセグ放送も楽しめる!3020mAhの大容量バッテリー搭載のスマートフォン「ARROWS A 202F」を写真と動画でチェック【レポート】

5インチフルHDディスプレイでフルセグ放送も楽しめる!3020mAhの大容量バッテリー搭載のスマートフォン「ARROWS A 202F」を写真と動画でチェック【レポート】

0

5インチフルHDディスプレイでフルセグ放送も楽しめる!3020mAhの大容量バッテリー搭載のスマートフォン「ARROWS A 202F」を写真と動画でチェック【レポート】

エスマックス2013年05月08日09時55分

記事提供元

エスマックス

5インチフルHDディスプレイでフルセグ放送も楽しめる!3020mAhの大容量バッテリー搭載のスマートフォン「ARROWS A 202F」を写真と動画でチェック【レポート】

02d30be8.jpg

長持ちバッテリーにフルセグ放送対応のARROWS A 202F

既報の通り、ソフトバンクモバイルは7日、今夏以降に発売予定の新モデルなどを発表する「2013 Summer 新商品発表会」を開催し、富士通モバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「ARROWS A 202F」(以下、202F)を発表しました。2013年6月下旬以降に発売予定。
202Fは、3020mAhの大容量バッテリーとフルセグ視聴に対応した今夏モデルの中でもハイエンドモデルと言える機種です。展示会場にて実機を試すことができましたので写真と動画で紹介します。
■5.0インチフルハイビジョンディスプレイの防水対応スマートフォン
202Fは、ソフトバンクモバイルの2013年夏モデルの中では、同じくフルセグに対応している「AQUOS PHONE Xx 206SH」とともに最上位機種としてラインナップされています。ディスプレイに5インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶(最大1677万色表示)を搭載。
サイズは、大きさが約69(幅)×139(高さ)×9.8(厚さ)mmで、質量が約158g。OSにはAndroid 4.2(開発コード名:Jelly Bean)を採用し、1.7GHzクアッドコアCPU (Qualcomm製「APQ8064」)を採用。IPX5およびIPX8準拠の防水機能を備えています。また、本体メモリーは保存用(ROM)に64GB、作業用(RAM)に2GBを搭載しています。

01
本体正面

02
本体背面。左からグレースブルー、ピンク、ホワイト、ブラック

本体カラーは、「グレースブルー」「ピンク」「ホワイト」「ブラック」の4色展開。モバイルデータ通信は3G(W-CDMA)とSoftBank 4G(AXGP)に対応し、海外では3GとGSMのデータ通信となります。対応周波数帯は、W-CDMAが900/1500/2100MHz、AXGPが2.5GHzです。SIMカードは、nanoSIMを採用しています。

その他、通信方式では、2.4および5GHzに対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac(ドラフト版)準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 4.0に対応しています。
本体正面にハードキーは配置されておらず、ホームキーなども全てタッチキーとなっています。ディスプレイの上部に約125万画CMOSセンサーのフロントカメラがあります。
背面にはLEDフラッシュライト付きの約1310万画素の裏面照射型CMOSセンサーカメラ(Exmor RS)、おサイフケータイ、NFC、赤外線通信ポート、スイッチ付き指紋センサー、スピーカー、動画撮影用のマイク、充電用接点が配置されています。

04
本体上部側面(上)と下部側面(下)

06
アンテナを伸ばして蓋を開けたところ

05
本体正面向かって左側面(上)と右側面(下)

本体上部側面には3.5mmイヤホンジャックとmicroSDカードスロット(最大64GBのmicroSDXCまで対応)とワンセグ・フルセグ用の伸縮アンテナがあります。本体下部側面には通話用マイクとmicroUSB端子が配置されており、microSDカードスロットとmicroUSB端子は防水パッキンの蓋で守られています。

左側面には電源ボタンと音量(上下)キーが、右側面にはストラップホールがあります。音量キーはカメラモード時にシャッターキーとしても使用できます。

07 08
展示機のAndroidのバージョンは4.2.2で、ホーム画面にはくーまんもいるでふ

■ワンセグではなく“デジタルテレビ”
テレビ視聴はワンセグとフルセグ放送の両方に対応しており、残りのバッテリー容量と相談しながら切り替えることが可能です。残念ながらフルセグ放送の録画は見送られています。

09
テレビ視聴アプリケーションが“ワンセグ”ではなく“テレビ”になっている

15
ワンセグとフルセグの自動切替機能を搭載

10
シアターモード

専用の充電台が付属しており、充電台に本体を設置すると「シアターモード」が起動します。シアターモードで利用したいアプリはアプリケーション設定から変更が可能で、例えばニコニコ動画アプリなどをUULAアプリと置き換えて利用するといったこともできます。
■シャッタースピードが速いカメラ機能
パーフェクトチューニング機能で逆光や暗いところでもキレイに、ゼロシャッター機能で素早い撮影が可能でラグのないスムーズな写真撮影が可能です。

11
カメラアプリ起動中の画面

12
設定も豊富

13
撮った写真は、ほぼ一瞬で保存されます

それでは、最後に本機を実際に操作している動画を用意しましたので、ご覧ください。


ARROWS A 202F操作動画

◯主な対応サービス・機能(予定)

SoftBank 4G ULTRA SPEED プラチナバンド
世界対応ケータイ テザリング 緊急速報メール
S!メール(MMS) デコレメール スマートセキュリティ
NFC おサイフケータイ GPS
Wi-Fi Bluetooth 赤外線通信(IrDA)
フルセグ ワンセグ 防水(IPX5/IPX8)・防じん(IP5X)

◯主な仕様(予定)

通信方式 国内 W-CDMA方式(900MHz/1.5GHz/2.1GHz)
AXGP方式(2.5GHz)
海外 W-CDMA方式、GSM方式(900MHz/1800MHz/1900MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約69×139×9.8mm/約158g
連続通話時間/連続待受時間 W-CDMA網 未定
GSM網 未定
AXGP網 未定
ディスプレー 約5.0インチフルHD(1920×1080ドット)
TFT液晶(最大1677万色)
モバイルカメラ(画素数/タイプ) メイン 有効画素数約1310万画素/CMOS(AF・手ぶれ補正)
サブ 有効画素数約125万画素/CMOS
外部メモリー/推奨容量 microSDXCカード(別売)/64GB
内蔵メモリー ROM 64GB
RAM 2GB
CPU(クロック数/チップ) 1.7GHzクアッドコア/APQ8064
電池容量 3020mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.◯a/b/g/n/ac※6(2.4GHz、5GHz)
Bluetooth Ver.4.0
プラットフォーム Android 4.2
カラーバリエーション グレースブルー、ピンク、ブラック、ホワイト

※6:IEEE 802.11acドラフト版に対応。今後の正式規格対応商品や他社のドラフト版対応商品とは通信できない場合があります。

※今回試した展示機は発売前のバージョンであり製品版では仕様が変更になる場合があります。

記事執筆:河童丸
0