人気沸騰中!?月額980円で使えるSIMカード「OCN モバイル エントリー d LTE 980」を購入したので初期設定してみた【レビュー】

人気沸騰中!?月額980円で使えるSIMカード「OCN モバイル エントリー d LTE 980」を購入したので初期設定してみた【レビュー】

0

人気沸騰中!?月額980円で使えるSIMカード「OCN モバイル エントリー d LTE 980」を購入したので初期設定してみた【レビュー】

エスマックス2013年05月04日19時55分

記事提供元

エスマックス

人気沸騰中!?月額980円で使えるSIMカード「OCN モバイル エントリー d LTE 980」を購入したので初期設定してみた【レビュー】

OCN モバイル エントリー d LTE 980のSIMカードが届いた!

NTTコミュニケーションズが提供中の月額980円でNTTドコモのLTEおよび3G対応回線が利用できるデータ通信サービス「OCN モバイル エントリー d LTE 980」(以下、LTE 980)。
発売後から人気でAmazon.co.jpなどのオンラインストアでは売り切れとなっていましたが、今回、ようやく購入でき、SIMカードパッケージ(製品)が到着したので、まずは、初期設定の方法を紹介したいと思います。
LTE 980は、NTTコミュニケーションズがNTTドコモの「MVNO(仮想移動体通信事業者)」として提供するデータ通信サービスで、1日当たりの通信量を30MBまでと少なくすることで、Xi(LTE)およびFOMA(W-CDMA)のネットワークが速度制限なく利用できる上に、初期費用3,150円および月額980円と低価格で利用できるようになっています。
また、通信量の上限である1日あたり30MBを超過しても、その日は通信速度が上下通信ともに最大100kbpsに制限されますが、翌日になると速度制限が解除されます。
つまり、毎日、30MBまでは制限なく利用でき、30MBを超過しても最大100Kbpsで通信できる上に、次の日にはまた制限がクリアされるというように、普段から通信量が多くない使い方をしている人にとっては、通信料を抑えてXiが利用可能になるなかなか魅力的なサービスなのです。
そんなLTE 980ですが、まずは、製品パッケージから見ていきましょう。


LTE 980のパッケージ(マイクロSIM)


LTE980のパッケージ(開いた状態)

LTE 980の利用開始(初期設定)は、インターネット上から申込を行い設定を行います。
初期設定で注意が必要になるのは、初期設定はLTE 980のSIMカードを挿した端末からではなく、別途インターネット接続が可能な回線から行う必要があるということ。
その点では、LTE 980のSIMカード以外にもインターネット通信が可能な環境が必要になるので、自宅にインターネット回線がない場合や外出中にセットアップする場合などの際には気をつけてください。

◯利用申込方法

実際の初期設定となる利用申込は、LTE 980の申込サイトから手続を行います。流れとしては、以下の手順となります。

1)LTE 980の「利用申込サイト」にアクセスします。
2)パッケージのSIMカードに書かれた「発信番号」(電話番号)と「端末製造番号」(SIMカード製造番号)を入力すします。
3)支払情報や住所を入力すします。
4)申込が完了します。

利用申込が完了すると、完了画面に認証IDとパスワードが表示されます。
この認証IDとパスワードは、APN設定にて入力が必要になるので内容を保存するなどして記録しておく必要があるので、忘れないように注意してください。


申込完了画面で、接続に必要になる認証IDとパスワードが表示される

利用申込が完了したら、LTE 980を利用する端末にAPN設定を行います。APN設定情報は、以下のようになります。

◯APN設定情報
APN:lte-d.ocn.ne.jp (共通)
ID:利用申込サイトで表示される認証ID (ユーザ毎個別)
PW:利用申込サイトで表示されるパスワード (ユーザ毎個別)

上記の設定をおこなうと、LTE 980がすぐに利用可能になります。
LTE 980は現時点ではXi対応端末限定のサービスとなっていますが、すでに紹介したのようにXi非対応機種(3G対応機種)でも2013年5月23日から利用可能になることを案内しているので、Xi対応端末以外で利用する予定の人もこのサービスの利用を検討できるんではないかと思います。
LTE 980のSIMカードは発売開始以来、品薄が続いていましたが、現在は購入することが可能になっているので、是非、購入を検討してみてください。
記事執筆:shimajiro
0