イー・アクセス、PocketWiFi史上最速の高速データ通信となるトリプルネットワークに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi GL09P」を発表!8月以降に発売予定

イー・アクセス、PocketWiFi史上最速の高速データ通信となるトリプルネットワークに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi GL09P」を発表!8月以降に発売予定

0

イー・アクセス、PocketWiFi史上最速の高速データ通信となるトリプルネットワークに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi GL09P」を発表!8月以降に発売予定

エスマックス2013年05月14日16時25分

記事提供元

エスマックス

イー・アクセス、PocketWiFi史上最速の高速データ通信となるトリプルネットワークに対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi GL09P」を発表!8月以降に発売予定

Pocket WiFi GL09P発売決定!

イー・アクセスは14日、同社が提供する携帯電話サービス「イー・モバイル」からPocket WiFi史上最速の下り(受信時)最大110Mbpsの高速データ通信に対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi GL09P」(ZTE製)を発表しています。2013年8月以降に発売予定。
下り最大110Mbpsに対応した高速データ通信が可能となるほか、SoftBank Wi-Fiスポットにも対応し、より広域エリアでの高速データ通信が可能となったデータ通信端末になっています。AXGP/LTE/W-CDMAのマルチネットワークに対応し、バッテリーも5000mAhの大容量となっているほか、外部機器への電源供給も可能となっているためスマートフォンやタブレットなどの予備電源としても利用することができるようになっています。
本体画面にはカラー液晶を搭載しているので見やすく、タッチキーでの簡単な操作で設定などができるようになっています。

02

03

04

05

PocketWiFi GL09Pでは、W-CDMA(1500/1700MHz)およびFDD-LTE(1700GHz)、AXGP(2500MHz)に対応し、イー・モバイルとソフトバンクモバイルのW-CDMAとイー・モバイルのLTE、Wireless City Planning(ワイヤレスシティプランニング:WCP)が構築するTD-LTE互換のAXGPを利用します。AXGP網で下り最大110Mbps、FDD-LTE網で下り最大75Mbps、W-CDMA網で下り最大42Mbpsでデータ通信が行えます。他にも、ソフトバンクモバイルが提供する公衆無線LANサービス「SoftBank Wi-Fi」にも対応。ベースモデルはソフトバンクモバイル向け「PocketWiFi 203Z」と見られ、ハードウェアスペックはほぼ同等となっています。
ただし、イー・モバイルが提供する料金プラン(今後発表予定)で利用できる見込み。なお、これまで、イー・モバイル向けモデルでは他社のSIMカードを装着しても利用できるSIMロックがかかってない「SIMフリー」モデルでしたが、このPocketWiFi GL09PはSIMロックがかかっているとのことです。
以下に、主な特長と仕様を記載します。

◯主な特長
・AXGP /LTE /W-CDMAのマルチネットワーク対応。
・下り最大速度は110Mbps
・大容量5000mAhバッテリー搭載
・給電機能搭載でスマートフォンやタブレットの予備電源としても使用可能
・見やすいカラー液晶画面で簡単設定

◯基本仕様

サイズ(W×H×D) 約110mm×67.5mm×18.6mm
バッテリー容量 5000mAh
通信方式 AXGP:2.5GHz
LTE:1.7GHz
W-CDMA:1.5GHz、1.7GHz
インターフェイス USB1.1/2.0準拠
無線LAN規格 IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
Wi-Fi対応機器同時接続可能台数 14台
※仕様は暫定値となり、実際の製品とは異なる場合があります。
※通信速度下り(受信時)最大110Mbpsは、AXGP通信方式(上り(送信時)最大10Mbps)です。ベストエフォート(規格上の最大速度)方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。LTEの通信速度は、下り(受信時)最大75Mbps/上り(送信時)最大25Mbpsとなります(いずれも対応エリアは一部のみ)。また、AXGP以外のエリアの場合、ご利用地域によって最大通信速度は異なります。通信端末とWi-Fi対応機器間の通信規格は無線LAN(IEEE802.11b/g/n(2.4GHz))となります。
記事執筆:にゃんこ
0