NTTドコモ初下り最大112.5Mbpsに対応したスマートフォン「Ascend D2 HW-03E」の気になる価格は?

NTTドコモ初下り最大112.5Mbpsに対応したスマートフォン「Ascend D2 HW-03E」の気になる価格は?

0

NTTドコモ初下り最大112.5Mbpsに対応したスマートフォン「Ascend D2 HW-03E」の気になる価格は?

エスマックス2013年05月06日15時55分

記事提供元

エスマックス

NTTドコモ初下り最大112.5Mbpsに対応したスマートフォン「Ascend D2 HW-03E」の気になる価格は?

Ascend D2 HW-03Eの本体価格をチェック!

NTTドコモから5月8日(水)に発売開始される受信時最大112.5MbpsのXi(クロッシィ)にはじめて対応するスマートフォン「Ascend D2 HW-03E」(ファーウェイ製)。
LTE規格のUE Category 4に対応することで最大通信速度が他機種よりも少し向上するわけですが、それ以外にも、クアッドコアCPUやおサイフケータイ(Felica)、NFC、ワンセグ、NOTTV、赤外線機能、防水・防塵に対応するという国内市場に合わせた機能もきっちり対応しているのが魅了となります。
そんなAscend D2 HW-03Eですが、今回は、まずは8日からドコモオンラインショップで先行発売されますので、気になる価格について紹介しておこうと思います。
ドコモオンラインショップで案内されている価格は以下の通り。ただし、店舗によって特典などがあり、違いなどがあるかと思いますので、実際に予約したり、購入したりする店舗で聞いてみてください。

■新規
本体価格:59,640円
月々サポート:1,680円×24回(総額40,320円)
実質負担額:19,320円

■機種変更
本体価格:59,640円
月々サポート:1,680円×24回(総額40,320円)
実質負担額:19,320円

■MNP(新規)
本体価格:59,640円
月々サポート:2,485円×24回(総額90,720円)
実質負担額:0円

本体価格が59,640円とかなり安めに設定されており、その分、月々サポートを引いた実質負担額も2万円を切るというようにお求めやすくなっています。
また、2013年度のNTTドコモの施策として月々サポートの減額が先日行われた決算説明会で明らかになりましたが、その影響かMNPによる月々サポートは少なめで、実質負担額も0円となっています。
4月以降に発売開始された機種では、統一してこの実質負担額になっているので、今後もこの傾向が続くと思われ、月々サポートが厚めの契約を行いたい場合には、早めに既存機種にMNPすると良いのかもしれませんね。
Ascend D2 HW-03Eは、ドコモオンラインショップ以外における店頭などのドコモ取扱店では、5月14日から事前予約を開始し、5月21日から販売を予定しています。
なお、価格についても、各店舗施策としてキャンペーンやキャッシュバックなどがある場合もありますので、実質価格はさらに下がることもあるのかなと思われます。
記事執筆:S-MAX編集部
0