トピックニュース

元ホームレスから月収300万円の社長へ ギャル漫画家・浜田ブリトニーの「マヂパネェ」手腕

0

元ホームレスから月収300万円の社長へ ギャル漫画家・浜田ブリトニーの「マヂパネェ」手腕

livedoorニュース2013年05月21日14時50分

記事提供元

livedoorトピックニュース

19日、浜田ブリトニーは自身のユニット「BIG SPEAR」として、3日に発売されたCDシングル「夢夢☆REAL」の発売記念ライブを行った。かつては、ネットカフェに寝泊まりする「ホームレス生活」を公開して話題だった浜田だが、歌手活動のみならず、他にも驚くべき変貌を遂げているようだ。
浜田は週刊ビックコミックスピリッツで、ギャルの生態を描いた漫画「パギャル!」を連載し、「ホームレス生活」「ギャル漫画家」といった珍しいキャラクターで、一時はテレビにも度々登場していた。現在は、ダイエット飲料のインターネット広告で「ダイエットに成功した姿」の浜田を見かける方のほうが多いだろう。しかし、ホームレス生活とは打って変わって、現在は裕福な暮らしぶりをしているようで、その様子を昨年12月放送のTBS系バラエティ番組「私の何がイケないの?」で公開している。
昨年2月、浜田は「株式会社ピースエイト」という、企業のPR漫画を制作する会社を立ち上げ、14名の従業員を雇う、月収300万円の女社長になっているというのだ。PR漫画を依頼するのは、ゴルフやパチンコなど、一見浜田とは縁遠いと思われる企業が多いというが、「ギャル目線で描く」漫画が、若い女性層に好評なのだとか。
浜田は、起業をきっかけにビジネスマン向けの講演も行うようになり、そのギャラは一回につき「だいたい、いい時で70万円程度」とも明かしている。さらに、そこで知り合った社長の似顔絵を描き、最大100万円もらったというエピソードも告白。現在は、家賃月30万円の高級デザイナーズマンションに住んでいるというから驚きだ。
「成功の秘訣は?」と聞かれると、浜田は「『あのブリトニーでもこうなれた』みたいな、そういう展開を望む人が多いんですよ」「『ホームレスで何もなかった状態』っていう特技を活かして漫画にするっていうのがポイントです」と語っている。
軽い口調ながら、浜田は自身の持ち味を冷静に分析して、それを上手く活用しているようだ。ファイナンシャルアドバイザーの若林史江氏も「スゴイところに目をつけたなと思います」「(ホームレスなど)元々経験されてきた人生を、付加価値として商品にしている」と絶賛している。
浜田は現在も、毎日のようにTwitterで仕事の情報を呟いており、忙しいながらも充実した生活を送っているようだ。ゴルフ雑誌やパチンコ雑誌での漫画連載を抱えながらも、ニッポン放送のラジオ番組「浜田ブリトニーのオンナの引き出し」にもレギュラー出演するなど、タレント活動も徐々に活発化してきている。
かつてバラエティ番組で共演した加藤浩次は、ラジオ「金曜JUNK 加藤浩次の吠え魂」で、浜田について「おしとやかな口調で凄く丁寧に挨拶された。テレビ番組と全然違った」と語ったという。浜田の「ギャルキャラクター」は演じているもので、本当は堅実にビジネスを展開できる、スマートな人物なのだろう。ホームレスから漫画家、タレントとしての成功だけでなく、社長としても手腕を発揮するとは、「マヂパネェ!」女性である。

【関連情報】
株式会社PIECE EIGHT – 公式サイト
0