NMB48渡辺美優紀が「Mステ」でソロ曲を披露し号泣

NMB48渡辺美優紀が「Mステ」でソロ曲を披露し号泣

0

記事提供元 TOPIC NEWS

2014年11月29日15時0分

livedoor homme

渡辺美優紀が「Mステ」でソロ曲を披露し号泣

スポンサード リンク

渡辺美優紀

写真拡大


28日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に、NMB48の渡辺美優紀が出演したが、初のソロデビュー曲を披露した安心から号泣し、タモリが心配する一幕があった。

オープニングのトークでは笑顔でソロデビューの嬉しさを語っていた渡辺だが、司会のタモリが心境をたずねると「緊張していて、1週間前から(『Mステ』の放送と)同じ時間に練習しました」と答え、同じ壇上のAKB48メンバーらとステージに向かった。

渡辺は緊張気味にソロデビュー曲「やさしくするよりキスをして」を歌い、続いてAKB48が新曲「希望的リフレイン」をメドレーで披露しすると、無事にステージは終了した。

ところが、コマーシャルが明け、ランキングのコーナーVTRが終わり、スタジオにカメラが戻ると、泣いている渡辺の顔がアップで映り、タモリら他の出演者を驚かせた。

タモリが声をかけると、渡辺は「めっちゃ緊張して、終わって良かったなと思って…。勝手に涙が出てきちゃいました。すみません。続けてください」と、謝りながら、タモリに番組の進行を促した。

また、放送終了後に渡辺は「Mステ」でソロ出演を果たした感激をTwitterで伝えた。


【関連記事】
NMB48木下百花が生放送で「変顔」を猛アピール、メンバーの称賛を受ける
Sexy Zone・中島健人がタモリの「ファーストキス」質問に動揺
岡村隆史、キングオブコントに出場するアイドルに苦言「『また来年出よう』と思わないでください」


サイト内におけるニュース記事の転載・引用について

0