高橋克典が撮影中にアドリブで容赦ないパンチを浴びせてくる渡辺謙にキレたと暴露

高橋克典が撮影中にアドリブで容赦ないパンチを浴びせてくる渡辺謙にキレたと暴露

0

記事提供元TOPIC NEWS

2014年10月18日15時30分

livedoor homme

渡辺謙

写真拡大


16日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)で、俳優の高橋克典が映画で共演した渡辺謙から本気でパンチを食らったことを暴露した。

アクション俳優として、これまでに数多くの俳優を相手に乱闘シーンを演じてきた高橋克典。しかし、「新・仁義なき戦い/謀殺」(2003)で共演した渡辺謙は、本番中もガチで殴りかかってきたという。

高橋が一例としてあげたエピソードでは、警察署を出た兄貴分のヤクザを演じる渡辺謙のタバコに弟分の高橋が火を点ける場面でのこと。当初のリハーサルでは、高橋はそのまま颯爽と去っていくはずだった。

しかし本番では、タバコに火を点けた高橋に、渡辺がアドリブの右ストレートをふるってきたというのだ。突然繰り出されたパンチはそのまま高橋のあごに決まり、とっさのことに高橋は「痛えよ!なに急にマジで殴ってんだよ!」と、思ったそう。

その後も、演技に身が入るあまり、渡辺は何度も容赦ないパンチやキックを浴びせかけてきたと明かす高橋。

しかし最後には、先輩俳優の渡辺謙がみせる熱すぎる演技から、一発本番にかける役者魂を学んだと語った。

【関連記事】
高橋克典、高校の後輩・尾崎豊を語る「15の夜聴いて鳥肌が立った」
・高橋克典、23年ぶり復活の「大江戸捜査網」に自信「イケてる」
・高橋克典の肉体美に迫る「危機感を持ってやっている」 モデルプレスインタビュー

0