「お笑いは副業」と宣言した楽しんご、本業で絶好調

「お笑いは副業」と宣言した楽しんご、本業で絶好調

0

「お笑いは副業」と宣言した楽しんご、本業で絶好調

livedoorニュース2013年04月16日16時57分

記事提供元

livedoorトピックニュース

「お笑いは副業」と宣言した楽しんご、本業で絶好調

お笑い芸人である楽しんごが、稼いでいるらしいと話題になっている。事の発端は、3月27日に放送された日本テレビ系バラエティー番組「天才コンサル軍団のプラマイ」。
この番組は、経営コンサルタントが芸能人の年収を上げるためにアドバイスするというもので、楽しんごのほか、キンタロー。や元AKB48の増田有華、平成ノブシコブシの吉村崇、南海キャンディーズの山里亮太などが出演。番組内で、ゲストの年収ランキングが発表された際、金額こそ公表されなかったものの楽しんごがトップだったのだ。
楽しんごは、名古屋ヒルトンプラザにも店舗を置いているリラクゼーションサロン『たなごころ』の経営や、レストラン 『ファルチ・ガーデン・テラス』のプロデュース業、今月下旬には焼肉店『美味しんご』も開店するなど、店舗経営者として成功を収めている。さらに、整体師としての腕前を活かし、書籍やDVDの発売、ドドスコスコスコやラブ注入など、自身のギャグを活かしたグッズ販売などの収入もあると思われる。
お笑い以外での活躍が目立つが、自身のブログで「お笑いと整体どっちが本業なんですか?」と質問された際には「整体師が本業」だとキッパリと回答。「30%お笑いの事を考えて、あとの70%は、本業の事ばかり考えています」と、お笑いの方が副業なのだと本人は宣言している。チノパン擁護発言での炎上騒動などもあり、テレビから遠ざかっている印象の楽しんごだが、本業は好調な模様だ。
■関連情報
・楽しんご本業以外で年収6億円? 周囲からは『副業をお笑いにしろよ』
・楽しんご公式ブログ よしもと芸人 楽しんごの みんなにラブ注入「しんごの視点!!」
0