「アメトーーク!」を超えた「アウト×デラックス」 南キャン山里がレギュラー出演に苦悩

「アメトーーク!」を超えた「アウト×デラックス」 南キャン山里がレギュラー出演に苦悩

0

「アメトーーク!」を超えた「アウト×デラックス」 南キャン山里がレギュラー出演に苦悩

livedoorニュース2013年05月31日15時25分

記事提供元

livedoorトピックニュース

「アメトーーク!」を超えた「アウト×デラックス」 南キャン山里がレギュラー出演に苦悩

南海キャンディーズ 山里亮太

29日放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」で、南海キャンディーズの山里亮太が、レギュラーを務めるフジテレビ系バラエティ番組「アウト×デラックス」での悩みを明かした。
山里は同ラジオで「ついによ、同じ時間帯でやってる大横綱『アメトーーク!』さんに、視聴率、勝ったんだよね今回。すごいのよ、これって快挙よ」と明かし、「アウト×デラックス」の人気ぶりに驚いたという。しかし、そんな絶好調な番組にも一点だけ引っかかることがあるのだとか。

山里は、視聴率が好調だった回を振り返り、自分が一言も話していなかった事に気づいたのだ。「頷いてたりとかするだけぐらいしかお役に立ててなくて。そういうときに数字が凄いってことになると、みんなが、大人が気づいちゃうじゃない。『あれ?山里要らないんじゃないの?』って。怖いのよ」と話し、レギュラーを降ろされるのではと不安なのだという。
「アウト×デラックス」は芸能人・一般人を問わず、世間の常識から外れた「アウトな人」がトークを繰り広げる番組。過去には「働きたくない俳優」坂上忍、「ゲームをやりすぎて腱鞘炎になった大女優」淡路恵子といった有名人から、「声が高すぎる男」「上地雄輔になりたい男」「ジャッキーチェンが最近冷たいことに悩む女」といった一般人まで、様々な「アウトな人」を紹介してきた。
山里は元々『Twitterがすぐ炎上してしまう芸人』として出演し、その後レギュラー出演しているが、現在はTwitterが特に炎上することもなく、番組に居座れる理由がなくなってきていると焦っているようだ。
また、自分を活かせる方法として「ツッコミを入れる側になる」という選択肢もあるが、「アウト軍団の人たちを最大限に活かせるのは、俺のツッコミじゃないのよ、絶対。マツコさんと矢部さんなのよ」「あの泳がせる上手さ。そしてツッコミというより、包み込む合いの手というか」と話し、同じくレギュラー出演しているマツコ・デラックスと矢部浩之がいるため、ツッコミとしても必要とされていないと語った。
ツッコミでもなく、アウトな人でもない自分の立ち位置に葛藤する山里は、2年以上続けてきた同ラジオのリスナーに、「山里の何がアウトなの?」というお題でアイデアを募集したが、これといったものは見つからなかった。結局「『アウト×デラックス』のスタッフは見ててくれるから。急に『山里こんなアウトあったんだ!』て出てくることもあるかもしれない」と、同番組に頼るという結論に至っている。
果たして今後の「アウト×デラックス」で、山里のアウトな部分は見られるのだろうか。
0