トピックニュース

加藤浩次が明かす「いいとも!」出演時のトラウマ

0

加藤浩次が明かす「いいとも!」出演時のトラウマ

livedoorニュース2013年04月23日10時21分

記事提供元

livedoorトピックニュース

19日、フジテレビ系「森田一義アワー 笑っていいとも!」に加藤浩次が出演、同番組レギュラー出演時のトラウマを語った
加藤は、同番組のレギュラーコーナー「テレフォンショッキング」に15年ぶりに登場、「いいとも!」出演はかつてレギュラーの出演時から数えると9年ぶりになるという。
トークの冒頭で、レギュラー当時の思い出を、タモリと共にフリップで振り返った加藤だったが、いまだに「いいとも」のスタジオであるアルタに来ると緊張すると語っている。
タモリは「『あがる、あがる』って、生放送でずっとやってんじゃん、朝」と尋ね、日本テレビ系「スッキリ!」で、生放送の司会を務めている加藤がなぜ緊張するのか全くわからない様子だった。
これを受けて、加藤は「朝やってるのと、アルタに来るのは違うんですよ」「アルタに来てた頃、いいとも!やらしてもらってる時、よく遅刻してたんですよ」と、当時の遅刻ぐせを告白、さらに「その時にプロデューサーにアホほど怒られて、『お前、この世界干すぞ!』って言われて」「その恐怖心が今でもね、あるんですよ」と、プロデューサーの説教がトラウマになっている事を明かした。
タモリは「いや、全然遅刻してるイメージない」と話しており、加藤が遅刻していた事すら知らなかったようだ。それもそのはず、加藤はこっそりリハーサルから参加していたため、出演者はほとんど気づかなかったのだ。しかし、当時の「いいとも!」のプロデューサーはそれを見逃しておらず、加藤を捕まえ毎回説教していたという。
同じく9年前にレギュラー出演していたSMAPの草なぎ剛は、加藤が説教をされる様子を何度か目撃しており、その様子を「コソッと入って来たとこを捕まえられて、『おめえ、何やってんだ!』ってすっげえ怒られてて」「ただの遅刻なのに、すっげえ怖かったんで」と語っている。プロデューサーのあまりの剣幕に、草なぎも凍り付いたという。
いまでは中堅芸人となり、情報番組の「朝の顔」となった印象の加藤だが、かつては狂犬と呼ばれるほど荒っぽい事で知られていた。そんな狂犬も、国民的バラエティ番組のプロデューサーの怒りには恐怖していたようだ。
0