子どもたちの感性を養う新しいツール デジタル教育ツールをチェック

子どもたちの感性を養う新しいツール デジタル教育ツールをチェック

0

子どもたちの感性を養う新しいツール デジタル教育ツールをチェック

家電チャンネル2013年05月30日12時00分

記事提供元

家電チャンネル

子どもたちの感性を養う新しいツール デジタル教育ツールをチェック

知育アプリ

スマートフォンやタブレット端末を日常的に使うことが多くなりましたが、それが子どもたちの教育にも活用されていることを知っていましたか? 時には本やテレビよりも子どもたちの好奇心と自由な発想を伸ばすことができるという「知育アプリ」とは一体どんなものなのでしょうか。
■子どもたちの脳を刺激する知育アプリ
株式会社エーテックは多くの知育アプリをリリースしています。0歳からの赤ちゃん向けのアプリも多く、実際にスクリーンにタッチしながら遊ぶことで脳を刺激することができるといいます。
たとえば「さわって生まれる!動くお絵かき」は描いた線や点が生き物になってスクリーンの中を動き回るというアプリ。適当に触っていても楽しめ、子どもの感性を養うことができます。触るたびにユニークな音も鳴るので0歳児から6歳児までが対象です。
子どもたちが迷わず、感性のまま遊ぶことができるように操作性にもこだわっているのがエーテックの特徴です。タップ、ドラッグそしてシェイクと単純な操作のみで動かせ、これがかえって子どもたちの感性を豊かに育てることになります。
実際にアプリを使っている家庭では「1歳の娘もグズるのを忘れてくれるので大助かりです」という声もあるようで、アプリをうまく使うことでパパ・ママの育児の手助けにもなりそうです。
■デジタルツールに賛成のパパ・ママ多数
子どもたちは生まれたときからスマートフォンやタブレットに触れる機会が多く、デジタル教育ツールも増えてきています。今の大人には考えられない環境ですが、この状況はどのように受け入れられているのでしょうか?
インターエデュ・ドットコムが小学1年生から中学3年生の子どもを持つ親1032人を対象に行ったデジタルツールについての意識調査を見ると「積極的に使うべきだと思う」「内容により使っても構わないと思う」という答えが74%で賛成の意見が多いことがわかります。
その理由を見てみると「子どもが楽しんで勉強してくれそう」「効率よく学習することができそう」というものが目立っています。実際に親も利用していることでその可能性と、便利さを感じているからこその結果かもしれません。
多くの教材があるなかで子どもにどういうツールを与えるのか、親ならどうしても悩んでしまいますが、デジタルツールも見逃せない存在といえそうです。
<さわって生まれる!動くお絵かきについて>
運営:エーテック株式会社
価格:無料
対応:Android / iPhone / iPad
詳細はこちら
記事提供:CoLaBo(コラボ)
0